運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針
1.つくしの交通グループの企業理念のもと、行動憲章に基づきグループ企業が密接に協力し、人命を第一として従業員が一丸となって絶えず輸送
の安全性の向上に努めます。 

2.経営者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、車内に置いて輸送の安全確保を主導します。また、従業員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

3.安全マネジメントを確実に実施し、安全最優先で業務を遂行します。

4.コンプライアンス(関係法令)と規則を遵守します。

5.健康と安全と倫理は最優先とします。

6.輸送の安全に関する情報を公表します。


つくしの交通グループ
つくしの交通 (タクシー・整備)
代表取締役 森岡 壮一


輸送の安全に関する重点施策等
安全管理規定第4条(輸送の安全に関する重点施策等)に定める輸送の安全に関する重点施策等は、輸送の安全に関する方針及び目的に基づき、次の通り遂行する。

(1)交差点事故の防止
(2)自走事故の防止
(3)後退事故の防止
(4)人身事故の防止
(5)健康管理の徹底
(6)過労運転の撲滅
(7)コンプライアンス遵守
 

つくしの交通グループ
有限会社 つくしの交通
代表取締役 森岡 節子
 

安全マネジメント年間計画

輸送の安全に関する取り組み