サンタとの約束 (・ω・)



「はぁ…。今年のクリスマスも一人か。(・ω・)」


12月24日、クリスマスイブ。。。

街はクリスマスのイルミネーション、どこからともなく聞こえてくるクリスマスソング、


すれ違うカップルを横目に、オレは寒空の下、足早に家路を急いだ。



「ん? 何だアレ、サンタのコスプレしたオッサンがいる。 (・ω・)」


けれど何か、どうも様子がおかしい。

すれ違う人、すれ違う人、、誰もあのオッサンに気づいてない。 



そうだ、、、オレにしか見えてないのだ。



「おっちゃん。ここで何やってんの? (・ω・) 」


「ま、まさかお主、、、ワシが見えるのか…?」



それは、サンタのコスプレしたオッサンではなく、本物のサンタだった。

聞くところによると、プレゼントを配ってる間にトナカイが逃げ出してしまったらしい。



オッサンは話を続けた。


「明日のクリスマスまでに、これだけのプレゼントを配らないといけない

 ノルマがあるのじゃよ…。」


「しかし、最近の子供は、すまほとかいうゲームばかりに夢中で、

 誰もワシがあげたプレゼントには喜ばん…。」



「ふーん。サンタも大変なんだね。 (・ω・)」



「おまけに最近はサンタも後継者不足でのう…。

 サンタ界はワシのような高齢サンタばかりになってしまった。」



ここにも高齢化の波が…、、、、、、、


サンタ界の定年は65歳らしいが、後継者不足で引退できないらしい。

年々、サンタ年金も減らされてるのだとか……。


今回みたいに激務に耐えられずに、逃げ出してしまうトナカイも後を絶たないらしい。



子供に夢を与えるはずのサンタの現状を聞いて、なんか悲しくなった…。



「よし。おっちゃん、、、そのプレゼントオレが配ってやるよ! (・ω・)」


「ほ、本当か?! 人間界にも、まだお主のような純粋な心の持ち主がいようとは。」




「では、これがプレゼントを配る子供がいる家のリストじゃ。頼んだぞ。」


「うん、、、約束だ !(・ω・)」


サンタのオッサンは嬉しそうに笑った。



「ところでお主、名前は?」


「オレは、トラキチって言うんだ (・ω・)」


「トラキチか。いい名前じゃな。」



結局、トナカイは戻ってこなかったので、おっちゃんは電車で帰っていった。


「あのオッちゃん、電車賃持ってたのかな?(・ω・)」

「けど、周りには見えてないから大丈夫か。」



「しっかし勢いで引き受けてしまったものの、すんごい量だな…。」

 

「こんなん25日までに配れるはずがない…(・ω・)」



おまけにこのご時勢、、見知らぬ男がプレゼントなんて配ってたら通報されかねない…。



オレはとりあえず、そのプレゼントを自宅に持ち帰った。


どうしようか考えてるうちに、日付はもう25日を過ぎていた…。





「サンタのおっちゃんとの約束を守れなかった…(*´Д`)」

 

「しっかし、このプレゼントどうする…?」



オレは、悩んだ末、、、ネットオークションに出品することにした。



「それにしても、、なめ猫、チクタクバンバン、シルバニアファミリーって、

 いつの時代のおもちゃだよ…(・ω・) 」



正直、こんなガラクタのような物が売れるとは思わなかったけど、

なかには、プレミアついてるものもあって、かなりの高額になるものもあった。


思わぬ臨時収入に心躍ったが、通帳に振り込まれた金額を見た時、、、

最後にサンタのおっちゃんが見せた笑顔が思い浮かんだ。



「うちは昔、貧乏でランドセル買ってもらえなかったからな (・ω・)」



考えた末、そのお金でランドセルを買って施設に寄付することにした。



トラキチの「虎」から連想して、タイガーマスクの伊達直人の名前で寄付したら、

後にそれがタイガーマスク運動として、全国に広まる事になった。



クリスマスイブの夜の、サンタのおっちゃんとの出会い、、、

あれがきっかけで、全国の子供たちの笑顔が生まれる事になった。



「25日までにプレゼントを配るという約束は果たせなかった。」

 

「けれど、これならサンタのおっちゃんも喜んでくれるはず (・ω・)」



そう思った時、最後にサンタのおっちゃんが見せた笑顔がまた思い浮かんだ。







                                  完 (・ω・)
                                         


 

 

 

※ 今回の記事はクリスマス用に考えたフィクションです!

  もちろん、実在の人物や団体などとは全く関係ありません (・ω・)

 

 


 

 

 

 



2018年12月25日